中年男性の加齢臭対策ガイド 中年男性の加齢臭対策ガイド
TOP > 加齢臭改善方法 > ドロドロ血液・活性酸素の増加「タバコ」が加齢臭の原因に

ドロドロ血液・活性酸素の増加「タバコ」が加齢臭の原因に

適度なアルコールは体にも良いとされていますが、過剰に摂取してしまいますと、利尿効果が高まるために体内から水分が無くなり、活性酸素が増えることになります。

一方、タバコは百害あって一利なしです。タバコを吸いますと血液を通して体全体にニコチンやタールが行き渡ることになるので、汗をかくだけでも相当な悪臭を放つことになるのです。ですから、タバコとアルコールは加齢臭と関係があるといえます。

タバコの場合には血液内にコレステロールなどが溜まり、血液がドロドロになります。これが、加齢臭の元になるとともに、活性酸素の増加を促すことにつながってしまいます。

活性酸素は老化を促進する悪い物質ですので、体に溜め込まないことが必要なのです。喫煙により、体内に吸収された煙は肺に行きます。その際に、肺が煙を異物だと認識することにより活性酸素を作り、攻撃をするのです。

禁煙は加齢臭に効果的な対策方法の一つ

タバコは、ニコチンなどの体に害を及ぼすような物質が含有されており、活性酸素の一種である過酸化水素も含んでおり、加齢臭を強めてしまう原因となってしまうのです。

禁煙をすることはとても難しいことです。しかし、受動喫煙など、周囲の人の健康を阻害することもありますので、禁煙専門の病院で治療を受けて禁煙をすることが良いと思います。

また、ニコチンガムやパッチなどの禁煙補助具もありますので、どんな形でも良いので禁煙にチャレンジしてください。加齢臭対策でまず考えるべきことが、タバコだと思います。

参考 加齢臭の対策方法を今一度おさらい

こちらのページもどうぞ

Page top icon
フォレックス・ドットコムの評判