中年男性の加齢臭対策ガイド 中年男性の加齢臭対策ガイド
TOP > 加齢臭改善方法 > 40代になる体臭が臭うメカニズム&加齢臭につながる悪循環を遮断する方法

40代になる体臭が臭うメカニズム&加齢臭につながる悪循環を遮断する方法

40代になりますと、皮脂腺から9-ヘキセデセン酸という物質が多く分泌されるようになります。これは若いときの皮脂には含まれないもの脂肪酸です。

脂肪酸が酸化されますとノネナールという物質ができ、加齢臭の主な成分となってしまいます。加齢により、体内の抗酸化物質の生成が落ちますので、体内で活性酸素が発生するのです。

これにより過酸化物質が増え、脂質が増加するのです。ノネナールは過酸化脂質と脂肪酸が結合されたものですので、悪臭を放つようになるのです。

前述しました9-ヘキセデセン酸が酸化されることで生じるのが加齢臭です。加齢臭は、皮脂腺が多い部分に発生することが多く、耳の裏や首筋やワキや頭などです。

食生活や生活リズム、睡眠時間を見直そう

抗酸化物質であるスカベンジャーという物質が抗酸化機能を持っているのですが、加齢により抗酸化力が落ちます。それゆえ、9-ヘキセデセン酸が酸化しやすくなってしまうのです。

そして加齢により新陳代謝が悪くなりますので、過酸化物質が皮膚に残りやすくなり、加齢臭を放つとも言われています。

かなり難しくなりましたが、簡単に言いますと、臭いを発生する原因となる物質を、抑える力が弱くなり(成分が少なくなり)皮脂腺の多い部分から、脂質を発生し、それが酸化することにより、悪臭を放つのです。

ですから、身体の内部から体質を変えることが必要で、食生活や日々の生活リズム、睡眠時間などに気をつけることで、加齢臭を抑えることができるのです。

参考 加齢臭の対策方法を今一度おさらい

こちらのページもどうぞ

Page top icon
フォレックス・ドットコムの評判