中年男性の加齢臭対策ガイド 中年男性の加齢臭対策ガイド
TOP > 加齢臭改善方法 > 加齢臭を発する男性は8割以上!?中年以降の男性は要注意

加齢臭を発する男性は8割以上!?中年以降の男性は要注意

加齢臭は高齢化するにしたがって、発生しますが、どのくらいの割合で発症するのでしょうか?加齢臭は中年期を越えますと、かなりの確率で発症することになります。

40歳以上ですが、約8割の人が症状として出てくるという統計もあります。ただ、加齢臭を自覚していない人も多くいますので、実際にはもっと多くの確率で加齢臭を放っていると思われます。加齢臭といえども、中高年になって発生するものではなく、若い人でも発症することがあります。

ノネナールという成分が主な原因になるのですが、この物質は体内の脂肪が酸化されると生じるものです。ネオナールが発症するタイプの人は、脂肪分が多い人が多く、痩せている人と比べますと、かなりの加齢臭の差があります。

体臭は自覚しにくいので要注意

脂肪分が多い人で、新陳代謝が悪いような人は、30代から臭いが出て、脂肪がよりつきやすい40代になりますと、益々、加齢臭が強くなります。しかし、女性は男性に比べますと、皮脂の分泌が少ないので、ホルモンバランスが良いことによって、活性酸素が抑制されえて、加齢臭になりにくい傾向にあります。

しかし、自分では気づかないだけで、何らかの臭いを発している場合がありますので、注意しましょう。女性の場合は50代になりますと、加齢臭が顕著のなってくることを理解しておきましょう。

男女ともにホルモンのバランスが良いことが必要なのですが、女性の場合には閉経(更年期障害)などにより、影響を受けやすいこともあると思います。

人に体臭がきついと言われることはとても辛いことですが、教えてくれるような人がいる方が結果良いと思います。

参考 加齢臭の対策方法を今一度おさらい

こちらのページもどうぞ

Page top icon
フォレックス・ドットコムの評判