中年男性の加齢臭対策ガイド 中年男性の加齢臭対策ガイド
TOP > 加齢臭改善方法 > 加齢臭を招く「活性酸素」過度の分泌はなにが原因で起こる?

加齢臭を招く「活性酸素」過度の分泌はなにが原因で起こる?

「加齢臭を、どうにかしたい」と考えている方の中には、「どうして、こんな臭いがするのだろう?」と思っている方もいると思います。

「若い頃には、こんな臭いはしなかったはずなのに、年齢を重ねることで、どうしてこんな臭いがするのだろう?」と不思議に思っている方もいるでしょう。

では、加齢臭を作っている、活性酸素について、ご紹介しましょう。活性酸素という言葉は、みなさん聞いたことがあると思います。活性酸素というと、「悪い働きをするもの」と思っている方もいると思いますが、私たちの体の中では、活性酸素により最近などを攻撃するという働きもしているんですよ。

タバコやストレスで活性酸素はどんどん分泌

しかし、がんやアトピー性皮膚炎、生活習慣病、老化などの原因となっているのも活性酸素によるもの。「活性酸素は、どうして発生するのだろう?」と思っている方も多いと思いますが、活性酸素の発生は誰でも普段の生活で起こります。

例えば、スポーツを行い、多くの酸素を消費した時。また、ストレスを感じた時などにも、起こるものとなります。紫外線を多く浴びてしまった時や電磁波などを受けた際にも、活性酸素は発生してしまいます。また、意外なものとして、排気ガスを吸った際やたばこを吸った際などにも活性酸素は発生してしまいます。

活性酸素が発生してしまえば、加齢臭の原因となるネオナールという物質を作り出してしまうだけではなく、健康を損ねてしまうことになります。特に、喫煙者の方は注意が必要といえるでしょう。

>>加齢臭の対策方法を今一度おさらい

こちらのページもどうぞ

Page top icon
フォレックス・ドットコムの評判