中年男性の加齢臭対策ガイド 中年男性の加齢臭対策ガイド
TOP > 加齢臭改善方法 > 自分の口臭・体臭を認識できない?「加齢臭」の自覚は可能か

自分の口臭・体臭を認識できない?「加齢臭」の自覚は可能か

加齢臭対策をするためには、まずは自分で「加齢臭がしている」という自覚を持つことが必要となります。どんなに周りから、「加齢臭がしている」と言われても、自分で自覚がなければ、「そんなわけはない」と対策を行うこともないでしょう。

では、加齢臭の自覚について、ご紹介しましょう。加齢臭の臭いは、ほとんどの方が「不快な臭い」と感じています。臭いの感じ方は、人によっては変わるものなのに、多くの方が不快な臭いと感じるというのは、なんだか不思議ですよね。

実は、臭いというのは、鼻から感じるものだけで判断するわけではありません。知覚や心理状況、記憶なども関係してきます。そのため、電車やバスなどで感じる加齢臭のイメージがある方は、「不快な臭い」と感じる方が多くなります。

自覚症状がなければ周りに確認しよう

しかし、おじいちゃんやおばあちゃんと生活した経験がある方にとっては、「加齢臭は、嫌な臭いではない」と感じる方もいます。おじいちゃん、おばあちゃんの臭いでもありますから、嫌な臭いなわけがありませんよね。そのため、自分で加齢臭が発生した場合でも、自分での受け取り方が変わってきてしまいます。

自分が気にならなくても、加齢臭は人に嫌な思いをさせてしまうことになりますから、注意が必要。40代を過ぎた方は一度、家族などに「加齢臭がするのか?」確認してみると良いですよ。

特に、タバコを吸う方、お酒を毎日の様に飲む方、脂っこい食事をしている方は要注意。自分で自覚症状がない方は、周りの方に確認するのが一番良いでしょう。

>>加齢臭の対策方法を今一度おさらい

こちらのページもどうぞ

Page top icon
フォレックス・ドットコムの評判