中年男性の加齢臭対策ガイド 中年男性の加齢臭対策ガイド
TOP > 加齢臭改善方法 > 日中は皮脂の放置に注意!仕事の合間にできる加齢臭の対策方法

日中は皮脂の放置に注意!仕事の合間にできる加齢臭の対策方法

日中は皮脂の放置に注意!仕事の合間にできる加齢臭の対策方法

年齢が気になり始める30代後半くらいから、加齢臭も少しずつただよいはじめてきます。

自分では気が付きにくいのが自分のニオイですが、エチケットのためにも早めの対策をするようにしましょう。

加齢臭は皮脂を放置することで生じてしまいますので、特に仕事で忙しい平日の日中は注意が必要です。

ここでは日中でもできる、効果的な加齢臭の対策方法を中心に解説していきます。

どうして加齢臭が発生するの?

どうして加齢臭が発生するの?

加齢臭は男性だけでなく、女性でも中高年になれば発生してきます。

これはノネナールと言われる皮脂腺から分泌されているニオイ成分が原因となっています。

皮脂腺の中にある脂質が、活性酸素と結合して酸化すると過酸化脂質を作り出します。

この過酸化脂質と、脂肪酸であるパルミトレイン酸が反応することでノネナールを発生させます。つまり、加齢臭は皮脂が酸化したニオイなのです。

脂肪酸のパルミトレイン酸は、中高年になってから分泌されるようになる成分なので、加齢臭と言われているのです。

また加齢によって抗酸化作用も弱まるために活性酸素が体内に増加することも、加齢臭発生の要因となっています。

仕事の合間にも手軽に出来る加齢臭対策方法

仕事の合間にも手軽に出来る加齢臭対策方法

皮脂腺は全身にあるので、身体中どこからでも発生する可能性があります。

特に皮脂腺の多い耳の裏や首にかけて、ワキや頭皮、背中の中心あたりから発生しやすいのです。

入浴の際にキレイに身体を洗って、清潔にすることも加齢臭対策ではとても大切なことですが、仕事の合間にも加齢臭対策はできます。

汗をかいたときには、こまめに汗や皮脂を拭き取ることで加齢臭を予防できます。

しかし、この時皮脂が出るからといって、あぶらとり紙を使うのはNGなのです。あぶらとり紙を多用して皮脂を取り過ぎると、今度はお肌の乾燥を招きます。

お肌の乾燥は余計な皮脂分泌につながる可能性があるので、皮脂を除去しながらも保湿ケアも同時にしっかり行うことが大切です。

日中に、デオドラントシートで拭きとり、できればその後にスプレーなどで保湿すると良いです。

耳の裏や首すじ、頭皮などは加齢臭が出やすいのでこまめに保湿ケア、皮脂ケアを行うようにしましょう。

>>加齢臭の対策方法を今一度おさらい

こちらのページもどうぞ

Page top icon
フォレックス・ドットコムの評判