中年男性の加齢臭対策ガイド 中年男性の加齢臭対策ガイド
TOP > 加齢臭改善方法 > 老化だけじゃない!加齢臭を招く5つの原因はこれだ

老化だけじゃない!加齢臭を招く5つの原因はこれだ

老化だけじゃない!加齢臭を招く5つの原因はこれだ

中高年男性の多くが悩んでいる加齢臭の原因となる物質はノネナールです。

脂肪酸と過酸化脂質が酸化・分解することで発生するノネナールは、適切な対処方法を行うことで予防、そして改善することが可能です。

そのために、加齢臭を招く原因を正しく理解することが重要です。

「加齢臭と言うだけあって、老化が原因でしょ」なんて考えていませんか?いいえ、老化だけが原因ではないんですよ。

原因は加齢+4つの悪習感

原因は加齢+4つの悪習感

加齢臭の原因は、大きく5つに分けることができます。1つずつ確認していきましょう。

1.加齢

加齢臭というの名の通り、まず加齢が挙げられます。

加齢臭の発生には、酸化が大きく関わっているのですが、若いころだと身体の抗酸化作用が酸化を防止してくれるのですが、年齢を重ねることで、この抗酸化作用が弱まるのです。

つまり加齢によって活性酸素が増加して、皮脂の酸化が促進されることが加齢臭の原因となるのです。

2.食生活

加齢臭の元は皮脂、その元となるのが食生活です。

特にどういった脂質を摂取するかは影響度が大きくなります。加工食品や冷凍食品、外食などは質の悪い油を気づかないうちに多く摂取してしまうので要注意です。

3.過度の飲酒

血中のコレステロールを増やし、皮脂にも脂肪分の増加につながります。

また体内でアルコールが分解され、アセトアルデヒドという成分が生まれます。これもまた不快なニオイですので注意が必要。

4.喫煙

喫煙時に体内で発生する活性酸素は本来体に欠かせないものですが、多量に発生すると万病の元になります。体の酸化が進むわけですから、加齢臭もしかりです。

また体の酸化を抑制するビタミンCも、タバコ一本あたり約25〜100mg消費されてしまいます。1日の必要量が約1,000mgですので、喫煙はますます加齢臭を悪化させる原因となります。

5.ストレス

ストレスもまた活性酸素が多量に発生する原因となるので、溜めずに解消することが必要です。

またストレスを感じると交感神経が高まり、皮脂の分泌が促進されます。日頃ストレスが多い方は、マメに皮脂を拭き取るようにしましょう。

加齢臭の予防と対策方法

加齢臭の予防と対策方法

加齢臭を予防するためには、まず加齢臭の原因であるノネナールの生成を抑制することが大切です。

つまりバランスの取れた食事をしてタバコ、アルコールも少なめにすること、そしてストレスが溜まらないように、ストレス発散をすることなども必要です。

また抗酸化作用のある食べ物を積極的に食べることもおススメです。

ビタミンCやビタミンEには、優れた抗酸化作用があるので、これらを多く含んでいる緑黄色野菜や果物などをたくさん食べるようにしましょう。

他にもポリフェノールやカテキンなども抗酸化作用に優れています。

そして現代の高脂肪、高タンパクの食生活も、加齢臭に悩む人の増加と無関係ではありません。

お肉などの動物性脂肪の多い食事をできるだけ避けるようにして、昔ながらの和食中心の食事にしてみましょう。

>>加齢臭の対策方法を今一度おさらい

こちらのページもどうぞ

Page top icon
フォレックス・ドットコムの評判